虫歯が原因の病気を把握して事前に予防しよう

虫歯の放置による菌が原因の病気

一昔前は虫歯治療と言うと、虫歯部分をドリルで削って、その部分に詰め物をするのが一般的でした。
あのドリル音と、削られている時の何とも言えない感覚が苦手だったという方も少なくないはずです。
従来のドリルで削って詰め物をする方法での虫歯治療は、歯と詰め物の境目から虫歯が再発してしまうことが多く、現在では徐々に削らない方向へと向かっています。
虫歯の根が深い場合などは削らなくていけないのですが、あまりひどくない段階でしたら、できるだけ削らないで治療を行うのです。

本当に初期の段階の虫歯でしたら、自然治癒も期待できるので、フッ素を塗布するだけでも効果が見込めます。

もう少し進行してしまっている虫歯については、薬剤を塗って虫歯部分を溶かす「カリソルブ治療」が人気となっています。
この時に使用される薬剤は虫歯部分にしか作用しないので、健康な歯を溶かす事はありません。
ただし、進行してしまった根の深い虫歯にはこの治療は使えないので、進行する前に発見し、治療を行うようにしましょう。
また、カリソルブ治療は自費診療となってしまうため、事前に料金を確認することも忘れないようにしてください。

歯を削る治療法は、結果的に歯の寿命を縮めてしまう可能性があります。
口腔内の健康を守るためには、予防もとても大切ですので、治療をする必要が出てこないようにしっかりと正しい方法で歯磨きなどのケアをしましょう。
それでも虫歯になってしまった時にはできるだけ大切な歯を長持ちさせるために、適切な治療法を選択していきたいですね。

最新の虫歯治療は違う

虫歯を放置してしまうと、虫歯による歯痛だけではなく、さまざまな病気を引き起こしてしまう危険があります。 その中でも、最も可能性が高いのが感染性心内膜症です。 ひどい場合はそこから更に発展してもっと重篤な病気も発生してしまうケースがありますので、ただの虫歯だからと治療を後回しにすることは避けましょう。

歯の変形による病気

口腔内の異常が実は舌癌へと繋がるケースがあります。 可能性は高くはありませんが、虫歯による歯の変形が主な原因です。 他の原因のほうが気を付けなくていけない部分ではありますが、虫歯を治すことは難しいことではありませんので、進行する前に治療を行ってください。

デンタルケアが大切

虫歯による重篤な病気を引き起こさないためには、日頃のデンタルケアが大切なこととなります。 適切な歯磨きなどのケアを行うだけで、虫歯を原因とする病気は防ぐことができるのです。 また、口腔内衛生の管理を行う上で唾液は重要な役割を担っていますので、その役割についても見ていきましょう。

トップへもどる